マタニティ歯科|御堂筋線長居駅すぐの歯科|長居ファミリー歯科クリニック|土日も診療

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科とは妊婦さんを対象とした歯科の事です。
妊娠中はエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなり、歯周病は陣痛を引き起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産や低体重児出産の可能性を増加させます。
妊娠中には普段以上にお口のケアに注意することが必要ですので、歯科医院に定期的に通い、適切な処置や治療を受けましょう。

治療を受けるタイミング、期間

「妊娠中には歯科治療は受けられない」と思われている方は少なくありません。しかし、タイミングをしっかり見極めれば、むしろ受けたほうがいいといえます。出産後は育児に追われ、歯科に行くこともままならなくなるためです。一度ご来院いただき、適切な治療や予防処置を受けることをおすすめします。

【妊娠初期】

1~4ヶ月
つわりがあり、お口の中の治療が難しいうえに、切迫流産の危険性もある時期。緊急を要する症状がない場合には、この時期の治療は控えたほうがいいでしょう。

【妊娠中期】

5~8ヶ月
安定期に入り、つわりも落ちついてくる時期。とくに身体に問題がなければ、治療にもっとも適した時期といえます。何か自覚症状がなくても、一度検診を受けるようにしましょう。

【妊娠後期】

9ヶ月~
いつ陣痛が起きてもおかしくない時期。お腹も大きくなり、診療台に横たわるのも辛くなります。できればこの時期までに治療は済ませておきましょう。

つわりで歯みがきができない方へ

つわりがひどく歯ブラシを口にいれることでさえ辛いという方もいらっしゃいます。
そのような場合には次のような方法でできるだけお口のケアをしましょう。

  • 歯みがき粉なしでの歯みがき

    歯みがき粉の臭いがダメでも無理に歯みがき粉を使う必要はありません。
    歯ブラシと水だけでもみがいた効果があります。

  • 歯ブラシを小さいものにする

    歯ブラシのヘッドが小さいものに切り替えるだけでもお口にいれやすくなることもあります。そういった場合は、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具を併用して歯みがきをしましょう。

  • 歯みがき以外の方法

    水や殺菌作用のある緑茶でうがいをする。食後に繊維質の多いリンゴを噛んで食べるなどといったことでもお口の中をすっきりさせることができます。

マタニティ歯科を受けられる上での注意点

  • X線の体への影響

    妊娠中に歯科のX線検査を受けても胎児に大きな影響はありませんが母体と胎児の健康を考えてできるだけで控えさせていただいております。
    治療を受けられる際は、産婦人科の主治医の先生にご相談ください。

  • 麻酔について

    歯科治療で使用する麻酔は、帝王切開でも使用する麻酔ですので、ほぼ問題なく使用する事が出来ます。
    むしろ、お痛みによるストレスの方が母体への負担となりますので産婦人科の主治医の先生に相談し使用の了承を得られれば適量の麻酔薬を使用します。
    お痛みを緩和する事でスムーズに治療を進めることができ母体への負担や胎児への影響を軽減できます。

  • お薬について

    基本的には妊娠中はお薬を使いません。
    しかし、薬を使用しないほうが悪影響がある場合は胎児に影響のないお薬を必要最低限使用することがあります。

  • マタニティ歯科の重要性

    マタニティ歯科は生まれてくるお子様にとっても重要な役割をしています。
    お子様が虫歯になる原因で多いと言われているのがお母さんからの感染ということです。
    こういったことからマタニティ歯科は妊婦さんのお口の健康増進や安全な出産を期待できるだけでなくお子様の虫歯予防にもつながります。

Page Top